低迷していた景況感にも明るい兆しが見え始めているとはいえ、地方経済とりわけ江別市における実態経済の状況は、いまだ疲弊や低迷から脱却できずにいるのが現状です。地域経済の活性化は、先ず第一に地域の中小企業が元気になること、同時に行政を含めた様々な団体、企業等が互いに地域の経済・文化あるいは個別産業の状況などの共通認識を持ち、連携することが大切と考えます。

 そこで、江別の経済の状況や今後求められるものは何なのか、市内にはどのような企業があってお互いにできることは何なのか、様々な視点から、この地「江別」の歴史・風土を含め、意見交換や学習会を行い、江別がどうすれば「元気」になるかを多くの方々と考え学ぶために「江別の産業振興を考える会」を、各団体の皆様と共に世知率致した次第です。

各種団体、企業そして、江別市民にご参加をお願い申し上げます。

 

江別の産業振興を考える会 代表世話人

高田 寛司

 経済の話だけではなく、その背景になっている江別の文化や歴史についても語り合えればと考えております。どうぞご参加をお願いいたします。

|リンク|